明日は阪神・淡路大震災の日

明日1月17日は阪神・淡路大震災のあった日ですね。

あの日の朝、いつも通りにつけたテレビに映っていた景色を今も忘れることが
できません。

すぐに大阪に救援本部が出来て、被災した障害者の方への支援が始まりました。
富山でも生活物資と、富山市にお願いして放置自転車を何台かいただいて車で届けました。
(地震の直後は道路が車が走行できるような状態ではなく、自転車が必要だと言われたため)

毎日のように救援本部から届く悲鳴のようなファックスに、震災地から遠く離れた富山でも何かできないか
行方の分からなくなっている人は無事なのか。いてもたってもいられない気持ちでした。

復興のための活動にもお金が必要ということで、資金集めもしました。
神戸のメリーチョコレートという会社から地震で箱が壊れてしまった袋入りチョコレートを
提供していただけたので、富山県内のお寺にお願いして救援コンサートを開き、そのチョコレートを
買っていただいて売り上げと寄付金を救援本部に送りました。

地震の際に神戸にボランティアとして入った学生さんが、その後現地で障碍者支援の活動の主軸となって
いる方にも数年後お会いしたことがあります。

震災は過去の出来事ではなく、これからも起きる可能性があります。もちろん富山でも。
福祉避難所、要援護避難者の問題など、高齢化が進む中どうしていくのか考える必要性を
感じています。

(職員 タナカ)














[PR]
by ikiruba | 2018-01-16 11:12 | 今日のひとこと。 | Comments(0)

生きる場センターのブログです。


by ikiruba
プロフィールを見る
画像一覧